ブロンコビリーは糖質制限に向いているのか。

 

参考 ブロンコビリーHPBRONCO BILLYさんより

結論

基本ステーキ肉であるサーロインやリブロースの糖質は100g1以下なので、ブロンコビリーは糖質制限及びコントロールに向いている

しかし、飽和脂肪酸が多くなるのでステーキには注意が必要です。また、ハンバーグもつなぎとして小麦粉を使用しているので、ある程度の糖質量があると考えれます。食べるときは注意しましょう。

ブロンコビリーの良いトコ
  • ヘルシーなサラダバ―がおかわり自由なのでメインと組み合わせて満足いくまで食べれる
  • ブロンコセットじゃなくてもパスタやポテトサラダなど糖質量が多いものがあるので量を調整出来る
  • デザートやフルーツもあるので、こちらで糖質をとってコントロールしても良い

 

合わせて読みたい

脂質を多くとったり、飽和脂肪酸を多く取り過ぎたりすると生活習慣病につながります。

やってはいけない、糖尿病の原因になる食事とは。

 

オススメの美味しい糖質制限パン&スイーツ

*こだわり

①味へのこだわり

②低糖質のこだわり(1食15g、おやつ5g程度)

③商品開発のこだわり(商品開発者が糖尿病の方)

 

 

ブロンコビリーのこだわり

  • 牛肉を使用したステーキやハンバーグがメインとなっている
  • おかわり自由のサラダバー
  • 原材料にこだわり自社工場で加工し、各店舗に毎日配送

システム

・メインとなるステーキ、ハンバーグをチョイスし、セットにサラダバーを付けたりするよくあるシステム

*炭焼きぱりぱりチキンステーキ

*炭焼き粗びきビーフハンバーグ(210g)

・メイン 最安値で税込み1,056円~4,928円迄

例 炭焼きぱりぱりチキンステーキ 税込み1,056円

  ビリーハンバーグ       税込み1,078円etc…

・セット ブロンコセット 単品のメインメニューに付ける 税込み550円

+新鮮サラダバー

+大かまどごはん(魚沼産コシヒカリ)またはパン

+コーンスープ

・セット 新鮮サラバーセット 単品のメインメニューに付ける 税込み440円

イチ押し!新鮮サラダバー

  • 素材の鮮度や美味しさを考え、店内のキッチンでカットしている
  • ただのサラバーじゃない、野菜ソムリエが考案した季節限定のサラダやパスタ、デザートを提供している
  • 定番のサラダに他にないロメインレタスが置いてある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください